キーワード
  1. 無料アクセス解析
psyche-graphica暗い森の中で

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

暗い森の中で2009-05-21(Thu)


和名:クロヒカゲ
学名:Lethe diana diana 英名:Diana Treebrown
東京都西多摩郡瑞穂町殿ケ谷/2009.05.04
Olympus E-3//ZuikoDigital ED50-200mmF2.8-3.5

鬱蒼とした樹々に覆われた山道を歩いていて、急にあたりが暗くなった。梢越しに僅かに覗く空を見上げると、いつのまにか厚い雲に覆われている。ついさっきまで、緑の天蓋の綻びから差し込んだ明るい陽光があちこちに光溜りを作っていたのに、今では周囲の全てのものが色彩と輪郭を失って、まるで薄暗いリンボー(辺獄:地獄と天国との間にある霊魂の住む場所)を彷徨っているかのような、頼りない気持ちになる。
そんな時、脇の茂みからふっと姿を現すのがこのクロヒカゲである。遠目には真っ黒に見えてはじめは少しばかり気圧されるのだが、じっと観察しているうちに眼が慣れてくると、この蝶の褐色の濃淡に眼状紋が散りばめられた美しいデザインに眼が惹きつけられる。その時に胸の内を過る、抗いがたい魅惑と不安が相半ばする感情は、どこかタナトスに通じる甘美さを帯びているような気がする。

ヒカゲチョウの仲間の属名である”Lethe”の語源は、黄泉の国を流れる「忘却の川」を意味するギリシャ語。そしてこの蝶の種小名”Diana”は、ギリシャ神話の月の女神である。つまり、この蝶は、「忘却の川のほとりに立つ月の女神」と言う、この世ならぬ場所に相応しい学名を持っていることになる。
そう言えば、忘却の川の水を口にした亡者の魂は、生前の全ての記憶を失い、その呪縛から逃れることで転生を迎えると言う。暗い森の中で、この女神に導かれるまま忘却の川の水で口を漱いだら・・・なんてことをぼんやり考えながら、ふとタナトスに身を任せる自分を夢想してみる。その一方で、この森の外に置いて来た様々な事柄が次々と頭の中に蘇り、ますます頼りない気持ちが募る。此岸(しがん)に留まるや、彼岸(ひがん)に赴くや、全てが曖昧になった森の中で逡巡は続く。

その時、雲が切れたのか、不意に梢の隙間から陽光が零れ落ちてきた。鬱蒼とした森の中のあちこちで色彩と輪郭が蘇り、それと同時に、蝶の亡者の逡巡は断ち切られたように突然の終わりを迎える。憑き物が落ちたかのように我に返ってほっとする自分は、どうやらロマンチストになりきれない、世俗の垢に塗れた凡夫らしい。ふと気が付けば、さっきまで目の前に居た筈のクロヒカゲも、どこか森の奥に飛び去ったらしく、知らぬ間に姿を消している。
スポンサーサイト

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:蝶の写真

Comments(4) | Trackback(0) | クロヒカゲ

4つの眼の効用 « home » 序盤戦も終わり

Comment

なんて神秘な学名でしょう!こうしてみますと一頭一頭の個体の見かたが違ってきますね。
山道で会ったことがありますが、こちらでは先ず会えないですので羨ましいです。

2009-05-22 10:43 | URL | J-ママ [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009-05-22 10:55 | | [ 編集]

一瞬、外国の文学作品を読んでいるのではないかと思ってしまいました。すばらしい。
dianaの眼状紋は近隣種に比べて、確かに神秘的な色合いをしていると思います。登場してくる状況も、おっしゃる通りです。
ただ、今はまだいいんですが、もう少しすると、dianaさんが登場する場面には、Mosquitoさんがつきまとってくることが多いので、美しさに酔うと同時に、かゆさに手を動かす、と言ったパターンになりがちな私です。
 リンクさせていただきました。今後とも、宜しくお願いいたします。
写真のみならず、文章を楽しみにしております。

2009-05-22 13:45 | URL | べにしじみこむ [ 編集]

#J-ママさん
蝶の学名、結構面白いですよ。これからも時々ネタにしようかと考えてます。
クロヒカゲ、確かに地元じゃ見られませんよね。ナミヒカゲなら緑地公園や石神井にもいっぱい居るのですが・・・。決して数が少ない蝶ではないので、一番手近なところでは、多摩丘陵か狭山丘陵あたりだと確実です。

#鍵コメさん
ご迷惑おかけいたしました。私のケータイからメール差し上げますので、そのままアドレスブックにご登録下さい。

#べにしじみこむさん
ちょっと筆ならぬキーボードが滑りまして、お恥ずかしいものを・・・(笑)。
この蝶が出るところに蚊が居ると言うご指摘、経験的によーくわかります。しかし、改めてこの文章読むと、蚊に刺されたときよりもカユくなりました(苦笑)。

2009-05-22 18:15 | URL | 越渓 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://psychegraphica.blog43.fc2.com/tb.php/154-3460e4a1

最近のエントリー

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

検索フォーム

プロフィール

越渓

Author:越渓
写真趣味の一部のはずが、いつのまにやら蝶撮りにハマった2児のパパ。
基本的にリンクフリーですが、寂しいので一応お知らせいただけると、管理人がとても喜びます。

なお、psyche(プシュケー)とは、ギリシャ語で「魂」「心」と同時に「蝶」の意味があります。

カテゴリ

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

NewMark


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。