キーワード
  1. 無料アクセス解析
psyche-graphica西風の精

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

西風の精2009-06-08(Mon)


和名:ミドリシジミ♂
学名:Neozephyrus japonicus  英名:Green Hairstreak
埼玉県さいたま市桜区下大久保/2009.06.07
Olympus E-3//ZuikoDigital ED50mmF2Macro

蝶撮りを趣味にする者なら一度は撮って置かないと、と言われるミドリシジミを撮りに、埼玉県の秋ケ瀬へ。このミドリシジミ、ただでさえ生息地が限られる上に、晴天に乏しい6月にしか姿を現さず、おまけに早朝でなければ撮影し易い低い場所まで降りて来ないと言う、撮影者にとってはまこと「三重苦」のような蝶なのだが、私のようなサラリーマンの場合は、その日が休日でなければならないと言うもう一つの制約条件が重なって、「四重苦」になってしまうと言う因果な蝶だったりする。

この日は約1ヶ月ぶりの晴れた日曜日と言うことで、朝4時に起床して、片道40分かけて車で駆けつけて見たと言う次第。
朝日が昇って暫くの間、ハンノキの梢の上の方でちらちらと舞っていたこの蝶たちは、午前6時前あたりから一斉に地上近くに降りてくる。散策路の左右を注意深く観察すると、あちこちで開翅した個体が朝日を浴びてエメラルド色の煌めきを見せている。そんな中の一個体を撮ってみたのが上の写真である。

蝶好きは、この蝶の仲間を旧い属名である「ゼフィルス」(ギリシャ神話の春と初夏のそよ風を運ぶ西風の神「ゼピュロス」に因んだ命名との由)と呼び、他の蝶とはやや別格の扱いをすることが多い。そのせいか、よく、この蝶に出会うと「蝶趣味の深みにはまる」と言われるそうだが、確かに朝日の中で見るこの蝶の開翅シーンは、さもありなんと思わせる美しさである。言うまでもなく、かく言う私も、この「西風の精」にすっかり魂を抜かれてしまったうちの一人である。
スポンサーサイト

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:蝶の写真

Comments(4) | Trackback(1) | ミドリシジミ

AB型の彼女 « home » ♀はいずこ

Comment

こんにちは。ミドリシジミ綺麗にとれ、うらやましいです。私の住んでいる近辺は山に行けばあちこち湿地があり、ハンノキもよく見かけるので、何処かにいないかと探しています。先日もハンノキの林で少し探索したのですが、ハズレでした。蝶自体を撮るのも楽しいですが、山道をてくてく歩くのも面白い物です。
 favonius期待しています。

2009-06-09 08:18 | URL | べにしじみこむ [ 編集]

#べにしじみこむさん
このポイントは、かなり大きな公園の一角で、時期と時間さえあれば確実に出会える東京近郊唯一のポイントなのです。おまけに早朝から蝶撮りの人がゼフ参りするので、どこに居るのかが一目瞭然(苦笑)。逆に、自然の中で探すほうが面倒かも知れません。
> favonius期待しています。
出そうなポイントの心当たりは2~3あるのですが、数が少ないようで遭遇できるかどうかちょっと自信がありません。一応がんばってみますが・・・。これからの梅雨時、休日が晴れか曇りなら楽なんですけどね。

2009-06-09 18:51 | URL | 越渓 [ 編集]

ミドリシジミ

おはようございます。 越渓さんにとって四重苦をクリアされ本当によかったですね。数日前の早朝はカメラマンの姿も皆無で会えるのか不安でいっぱいでした。TBかけさせていただきました(^O^)

2009-06-11 08:09 | URL | J-ママ [ 編集]

#J-ママさん
ありがとうございます。私が出向いた時には、道からぱっと横を見たら、3~5頭は確実に止まっているという感じでしたよ~。おまけに確実に20名を超える数のカメラマンが居たので、探す手間が省けました(笑)。
こちらからもTBかけさせていただきました。

2009-06-11 14:58 | URL | 越渓 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://psychegraphica.blog43.fc2.com/tb.php/170-58b788a1

ゼフィルス・ミドリシジミ

                ミドリシジミ (緑小灰) ♂      今年初のゼフィルスに会いにジョンと早朝散歩してきました ... .....

2009.06.11 | ジョンのいる日々

最近のエントリー

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

検索フォーム

プロフィール

越渓

Author:越渓
写真趣味の一部のはずが、いつのまにやら蝶撮りにハマった2児のパパ。
基本的にリンクフリーですが、寂しいので一応お知らせいただけると、管理人がとても喜びます。

なお、psyche(プシュケー)とは、ギリシャ語で「魂」「心」と同時に「蝶」の意味があります。

カテゴリ

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

NewMark


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。