キーワード
  1. 無料アクセス解析
psyche-graphicaシュナックの功罪?

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

シュナックの功罪?2009-07-17(Fri)


和名:ヒメアカタテハ
学名:Cynthia cardui or Vanessa cardui 英名:Painted Lady
東京都武蔵村山市岸/2009.07.05
Olympus E-3//ZuikoDigital ED50-200mmF2.8-3.5

文献などでヒメアカタテハの項を紐解くと、「温暖な地域で越冬し、集団移動の習性を持つ」と言う記述を見かける。確かに、晩夏に急に数が増したように感じられると言う、イチモンジセセリ(渡りの修正がある)等と共通した特徴があることを考慮すれば、もしかするとそうなのかも知れないと思わなくもない。実際、欧米ではこの蝶の大規模な集団移動が観察されているそうなのだが、その一方、わが国では、春の寒冷地でしばしば新鮮な個体が目撃されたり、大移動の目撃例が無かったり等の「反証」もあって、「本当か?」と疑問を呈する向きもあるようである。

コトの真偽はともかくとして、この「定説」が広く日本の蝶好きの間で受け容れられたきっかけになったのは、ドイツの詩人であり、蝶愛好家でもあったフリードリヒ・シュナック(1888-1977)の「蝶の生活」(岩波文庫/岡田朝雄訳・初版は1951年)ではないかと私は睨んでいる。彼は北アフリカで越冬し、集団で欧州を北上するこの蝶のことに触れており、我が国の蝶好きは、ならば学名上も同じ種類とされる日本のヒメアカタテハもきっと同じだろうと思い込んだ可能性がある。
そもそも欧州/アフリカと日本では、食草の分布や密度、場合によっては種類も異なる上に気候だって全く異なる。違う環境では、たとえ同じ蝶であったとしても、その生態は大きく異なっていてもおかしくはない。アサギマダラのように移動の研究がこの蝶にもなされると、その辺の解明がなされるのだろうが、この蝶には何となく「気安さ」があって、なかなかその対象になりそうもないのがいささか残念である。

*お知らせ************************************
明日7/17夜から、蝶を撮りに浅間高原へ遠征致します。
現地では「里山さがしの旅」の田舎太郎さんのお世話になりながら、これまで撮ったこと
のない種類を開拓して来たいと思います。
と言うわけで、7/21あたりまで、一時的に更新がストップ致しますので、念のため
お知らせ申し上げます。
引き続き、拙ブログをご贔屓いただければ幸甚です。
*****************************************
スポンサーサイト

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:蝶の写真

Comments(2) | Trackback(0) | ヒメアカタテハ

夏の朝、雲海の上で « home » ずいぶん黒くなったなあ

Comment

はじめまして。
mixiから来ました。ヒメアカタテハの件、確かに仰る通りかもしれません。
学名上の種類は同じでも、実際は異なる場合も多いと思います。
まして、気候、環境、食草、が異なれば生態も異なるのが普通だと思います。
一度図鑑などに載ってしまうと、その孫引きや引用で、
いつかはそれが、通ってしまうこともしばしばあると思います。
まして、普通種であれば、だれも検証しない場合が多い気がします。
洞察お見事と思い、書き込んでしまいました。失礼いたしました。

2009-07-29 21:46 | URL | みんみんちょう [ 編集]

#みんみんちょうさん
ご訪問いただき、まことに有り難うございます。加えて存外のお褒めを頂戴し、汗顔の至りです。
孫引き、引用は蝶以外の分野でもよく見られますが、特に蝶はアマチュアによって検証されることの多い分野なので、気をつけないとどんどん誤解が増幅されて行ってしまいかねません。
私もこの分野ではまだ初心者ですが、なるべく多くの情報に接し、実見を重ねて行きたいと考えております。
初心者ゆえ、いい加減なことを書き散らす事も多いかとは思いますが、お気づきの点などございましたら、ご遠慮なくご指摘ご指導賜りたく、宜しくお願い申し上げます。

2009-07-30 00:48 | URL | 越渓 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://psychegraphica.blog43.fc2.com/tb.php/191-b0aeae3d

最近のエントリー

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

検索フォーム

プロフィール

越渓

Author:越渓
写真趣味の一部のはずが、いつのまにやら蝶撮りにハマった2児のパパ。
基本的にリンクフリーですが、寂しいので一応お知らせいただけると、管理人がとても喜びます。

なお、psyche(プシュケー)とは、ギリシャ語で「魂」「心」と同時に「蝶」の意味があります。

カテゴリ

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

NewMark


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。