キーワード
  1. 無料アクセス解析
psyche-graphicaなぜこんな所に

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

なぜこんな所に2009-10-25(Sun)


和名:クロヒカゲ
学名:Lethe diana diana 英名:Diana Treebrown
東京都小金井市東町/2009.10.04
Olympus E-3//ZuikoDigital ED50-200mmF2.8-3.5

多摩(と言っても随分東側である)のさる公園の自然観察園の木道を歩いていたら、脇の茂みから黒い蝶が飛び出してきた。何だろう、と思ってしげしげを見つめると、今年すっかりお馴染みになったクロヒカゲである。なんせこの蝶とは、今年の7月に、浅間山近くで口づけを交わしたほどの「わりない仲」なので(笑)、親しみを覚えつつも「何だ、またか」とそのまま通り過ぎようとして、ふとこの蝶が、専ら山の蝶であることを思い出した。

この蝶、山ではごく一般的で、東京近郊でも狭山丘陵あたりまで行けば、珍しくも何ともないのだが、この辺りは周囲を住宅地にびっしりと囲まれた街中である。確かに公園の周りは比較的自然が残されているとは言え、その程度はたかが知れている。「日本産蝶類標準図鑑」でも「平地で見ることは少ない」と記されている「山の蝶」なわけで、こんな所で出会うとは全く予想外の出来事だった。
この日の目的は、ヒョウモンの仲間の「里降り」個体、中でも昨年ここで目撃されたオオウラギンスジヒョウモンだったわけだが、そんな時に今年山で懇ろになったこの蝶と都会で出くわすと、わざわざ山から出てきて、私が他の蝶に現を抜かしていないかを監視されているようで、ちょっと妙な気分である。
スポンサーサイト

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:蝶の写真

Comments(0) | Trackback(0) | クロヒカゲ

切ない秋 « home » 里山の外で

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://psychegraphica.blog43.fc2.com/tb.php/237-a38ea939

最近のエントリー

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

検索フォーム

プロフィール

越渓

Author:越渓
写真趣味の一部のはずが、いつのまにやら蝶撮りにハマった2児のパパ。
基本的にリンクフリーですが、寂しいので一応お知らせいただけると、管理人がとても喜びます。

なお、psyche(プシュケー)とは、ギリシャ語で「魂」「心」と同時に「蝶」の意味があります。

カテゴリ

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

NewMark


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。