キーワード
  1. 無料アクセス解析
psyche-graphica都下のオオムラサキ

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

都下のオオムラサキ2010-07-06(Tue)


和名:オオムラサキ
学名:Sasakia charonda 英名:Great purple emperor
東京都下/2010.07.04
Olympus E-3//ZuikoDigital ED50-200mmF2.8-3.5

実のところ、この日のお目当てはスミナガシだったのだが、ポイントに着いたらいきなり我が国の国蝶、オオムラサキに出会った。妙に腹が膨れているので♀のように見えるが、色見からして♂の筈である。かなり意地汚く樹液を吸っていたから、もしかすると大食の余り腹ボテになっていたのかも知れない。
天然物のオオムラサキ自体が初めての上に、予想もしなかった東京都下での出会いに、ここのところの蝶撮りの不調が吹っ飛ぶほどの興奮を味わった。今年は蝶の出現が総じて遅いことを思えば、7月頭の発生はかなり早い方ではないかと思われる。
残念だったのは、折からの曇天で、光量に恵まれなかったことと、高い場所に居たので、この蝶が持つ青い輝きを見る事ができるアングルが取れなかったこと。その上、この個体は余り翅を拡げてくれず、スズメバチに近寄られた時にぱっと拡げてすぐに閉じてしまうような有様で、スズメバチを威嚇しに一瞬開翅したところを頼りない内蔵ストロボで撮るのが精一杯だった。一応、その名の由来となった紫色だけは写し取ることができたが、あの高貴なブルーに手が届かなかったのが心残りである。

ちなみに、この蝶が樹々の間を舞う時には、本当に「バタバタ」と言う羽音がする。数メートル離れた所からも聞こえたくらいだから、この蝶の翅の剛性は他の蝶よりもかなり高いのだろう。噂には聞いていたものの、どことなく「蝶離れ」したその音に、感動しつつも苦笑を禁じ得なかった。
少々気になるのは、このエリアにもアカボシゴマダラが定着しつつあり、幼虫の食料資源のバッティングが始まっていると推測されること。貴重な東京のオオムラサキ、何とか命脈を保って欲しいと心から願わざるを得ない。

※7/7追記 複数のご指摘により、♀だと言うことが判明いたしましたので、謹んで訂正させていただきます。
スポンサーサイト

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:蝶の写真

Comments(4) | Trackback(0) | オオムラサキ

損な性分 « home » ジューンブライド

Comment

ご無沙汰しております。

オオムラサキ、ここ何年もまともに見たことは無く、当然撮影したことも無いので、久々にあのバタバタという羽音を聞いてみたいものです。

ところで、写真の個体、やはりメスじゃないでしょうか?メスは茶色ですが、光の向きによって鈍い赤紫を呈します。その色がストロボで強く出ているのではと考えます。オオムラサキのメスは、オスよりもさらに大柄で力強く、翅の茶色の色調が重厚で個人的にはオス以上の気品を感じます。なんとなく、かつてのお召し列車牽引機関車EF5861を思い出したりもします。

2010-07-06 01:34 | URL | むしみず [ 編集]

#むしみずさん
ああ、やっぱり・・・(苦笑)。
実は複数の方からご指摘をいただきました。♀がイヤだってわけじゃないんですけど、やっぱりちょっと悔しいです。
>かつてのお召し列車牽引機関車EF5861を思い出したりもします。
いわゆる「ぶどう色ではなく、ため色」と言うやつですね。いや鉄道は全く門外漢なのですが。

2010-07-07 00:12 | URL | 越渓 [ 編集]

こんばんは~☆ そろそろ掲載かなと伺いました !(^^)!
♀だとすぐ判りましたよ。コムラサキのように角度で紫に見えるのですよね。コムラサキの♂は会えませんが。都下で見られるのは嬉しいですね。私は昨年埼玉の雑木林で♂に会い感動しました。高いところで樹液を吸っていました。今年は3本のクヌギにお出ましの情報がありますがまだ行けませんです。。。スミナガシに会いたいです。予定日は雨?一日降るようではないようですが。

2010-07-08 21:48 | URL | Jーママ [ 編集]

#Jーママさん
やっぱり私は節穴アイの持ち主のようです(涙)。
予定日、なんとか天気が保つのを期待しましょう。もし良かったら、このポイントをお教え致しましょうか。

2010-07-09 00:44 | URL | 越渓 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://psychegraphica.blog43.fc2.com/tb.php/298-6aad4fd6

最近のエントリー

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

検索フォーム

プロフィール

越渓

Author:越渓
写真趣味の一部のはずが、いつのまにやら蝶撮りにハマった2児のパパ。
基本的にリンクフリーですが、寂しいので一応お知らせいただけると、管理人がとても喜びます。

なお、psyche(プシュケー)とは、ギリシャ語で「魂」「心」と同時に「蝶」の意味があります。

カテゴリ

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

NewMark


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。