キーワード
  1. 無料アクセス解析
psyche-graphica隣の芝生

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

隣の芝生2010-08-24(Tue)


和名:エルタテハ
学名:Nymphalis l-album samurai 英名:Large Comma
群馬県吾妻郡嬬恋村田代/2010.08.06
Olympus E-3//ZuikoDigital ED50-200mmF2.8-3.5

住む地方が異なると、「珍しい蝶」の定義が異なると言うのは、当たり前と言えば当たり前のことである。しかし、実際に別の地方の蝶好きの方と会話する機会を持つと、「ああ、そうか」と改めてそのことに気付かされて、面白かったりする。
この日も湯の丸高原で知り合った「蝶猛者」さんが、ダイミョウセセリとの邂逅を興奮気味に話されていたのだが、ダイミョウセセリは東京でも住宅地や公園で良く見かける普通の蝶で、実を言えば余りピンと来なかった。一方、上の写真のエルタテハは東京に住む私にとっては滅多に会えない蝶なのに、信州にお住まいの「蝶猛者」さんにとっては、どこにでも居るありきたりの蝶で、レンズを向ける事さえ無かった。

私などは、信州に住んでいれば、さぞ贅沢な蝶撮り環境が手に入るのだろうな、と一方的に羨ましく思ってしまうのだが、やはりそこは「隣の芝生」、それぞれに羨ましく思うツボと言うものがあるらしい。全ての蝶が生息環境を同じくすることができない以上、当然のこととは言え、住む地方が異なる方との蝶撮り同行は、些細なことでも強く実感できて、実に新鮮である。
スポンサーサイト

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:蝶の写真

Comments(0) | Trackback(0) | エルタテハ

未だ見ぬ故郷 « home » 生息する場所の問題

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://psychegraphica.blog43.fc2.com/tb.php/323-189b8780

最近のエントリー

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

検索フォーム

プロフィール

越渓

Author:越渓
写真趣味の一部のはずが、いつのまにやら蝶撮りにハマった2児のパパ。
基本的にリンクフリーですが、寂しいので一応お知らせいただけると、管理人がとても喜びます。

なお、psyche(プシュケー)とは、ギリシャ語で「魂」「心」と同時に「蝶」の意味があります。

カテゴリ

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

NewMark


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。