キーワード
  1. 無料アクセス解析
psyche-graphica未だ見ぬ故郷

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

未だ見ぬ故郷2010-08-26(Thu)


和名:アサギマダラ
学名:Parantica sita niphonica 英名:The Chestnut Tiger
長野県東御市湯の丸高原/2010.08.06
Olympus E-3//ZuikoDigital ED50-200mmF2.8-3.5

標高2000mの湯の丸高原で、旅立ちまでの安息の時間を過ごすアサギマダラ。決して天気が良かったわけではないが、かなりの数の個体が姿を見せていた。
この時期にこの場所に現れる個体は、状態の良さから見て、ここで羽化した「本土育ち」と思われる。南西諸島からの遠い旅を経て、この地に辿り着いた親世代が産み落とした卵から生まれ育った個体と言うわけだが、この子世代も間もなく南西諸島へ向けて飛び立って行く。この蝶の一生は、「未だ見ぬ故郷」を目指す旅そのものと言えるかも知れない。
今年は初夏の東京で、幾度かこの蝶の姿を見た。これから秋を迎える東京で、南を目指す彼らに再び会うことができるだろうか。
スポンサーサイト

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:蝶の写真

Comments(2) | Trackback(0) | アサギマダラ

昼食時の混雑 « home » 隣の芝生

Comment

このブログに出会う前まで、
チョウ達がこのような長旅をすることを知りませんでした。
凄い、凄すぎます。

まさに「蝶征」 by マオ蝶トン。

2010-08-26 00:51 | URL | 酔之字@BKK [ 編集]

#酔之字@BKKさん
あーいいなー。そっちは蝶がわんさか。昼もさることながら夜の方も(笑)。

2010-08-27 00:53 | URL | 越渓 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://psychegraphica.blog43.fc2.com/tb.php/325-54123e74

最近のエントリー

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

検索フォーム

プロフィール

越渓

Author:越渓
写真趣味の一部のはずが、いつのまにやら蝶撮りにハマった2児のパパ。
基本的にリンクフリーですが、寂しいので一応お知らせいただけると、管理人がとても喜びます。

なお、psyche(プシュケー)とは、ギリシャ語で「魂」「心」と同時に「蝶」の意味があります。

カテゴリ

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

NewMark


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。