キーワード
  1. 無料アクセス解析
psyche-graphica地味なりの個性

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

地味なりの個性2010-09-03(Fri)


和名:ジャノメチョウ(ナミジャノメ)
学名:Minois dryas bipunctatus 英名:Dryad
群馬県吾妻郡嬬恋村大前/2010.08.07
Olympus E-3//ZuikoDigital ED50-200mmF2.8-3.5

これを見ると浅間高原に来たな、と思うのがジャノメチョウ。多くのジャノメの仲間は薄暗いところに居る印象があるが、この蝶は日当りの良い火山性の草原が大好きで、草原のあちこちで黒い姿を見せたり隠したりしている。
どうやらこの蝶、翅の色合いの個体差が比較的大きいようで、遠目では真っ黒に見えても、近づいて見るととそれぞれ個性があって面白い。上の写真のは、翅裏亜外縁部の淡く白い鱗粉が比較的はっきりしている方。個体によっては白い鱗粉を殆ど欠くものや、色合いがチャコールグレーではなくベージュに近いものも居たりする。
地味過ぎてあまり目立たず、それほど人気のある蝶とは決して言えないものの、一頭一頭を丁寧に見て行けば、それなりの楽しさを与えてくれると言う意味で、なんとなく親しみを覚える蝶である。
スポンサーサイト

Comments(0) | Trackback(0) | ジャノメチョウ

焦っても仕方ない « home » 蝶と蛾の国境線

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://psychegraphica.blog43.fc2.com/tb.php/329-6e1a29f7

最近のエントリー

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

検索フォーム

プロフィール

越渓

Author:越渓
写真趣味の一部のはずが、いつのまにやら蝶撮りにハマった2児のパパ。
基本的にリンクフリーですが、寂しいので一応お知らせいただけると、管理人がとても喜びます。

なお、psyche(プシュケー)とは、ギリシャ語で「魂」「心」と同時に「蝶」の意味があります。

カテゴリ

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

NewMark


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。