キーワード
  1. 無料アクセス解析
psyche-graphica少しは鷹揚に

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

少しは鷹揚に2010-09-16(Thu)


和名:オオチャバネセセリ
学名:Polytremis pellucida 英名:Flower Swift
長野県東御市湯の丸高原/2010.08.07
Olympus E-3//ZuikoDigital ED50-200mmF2.8-3.5

晩夏の浅間山周辺では、最普通種と呼んでも大げさではないオオチャバネセセリ。一昨年の半ば大発生に近い状態に比べて、昨年はやや勢力を減じたように見えたが、今年は一昨年ほどでは無いものの、かなり個体数が多い印象を受けた。今年は春の冷え込みのせいか、全体に蝶が少ない感じだったことを思えば、かなり頑張った蝶の一つではないかと思う。
数年前の文献に、この蝶は徐々に生息域を狭めており、関東から西の太平洋岸では絶滅が危惧されていると書かれていたのを覚えている。しかし、住宅地に囲まれた狭山丘陵のようなところでも結構な数のこの蝶を見かけ、一向に絶滅の気配が窺えないことを考えると、温暖化や生息地の乱開発と言った要因よりも、その年の気候の方がよほど個体数に大きな影響を及ぼしているような気がする。個人的に今年は思うように蝶に出会えなかった年で、内心「このまま年を経る毎にどんどん減って行ったらどうしよう」と不安を抱く事もないではなかったが、相手が気候だと割り切れば、一喜一憂しても仕方ないかと少しは鷹揚に構えられそうである。
スポンサーサイト

Comments(0) | Trackback(0) | オオチャバネセセリ

B面の喜び « home » 1年ぶりのアゲハモドキ

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://psychegraphica.blog43.fc2.com/tb.php/335-e06e9f4c

最近のエントリー

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

検索フォーム

プロフィール

越渓

Author:越渓
写真趣味の一部のはずが、いつのまにやら蝶撮りにハマった2児のパパ。
基本的にリンクフリーですが、寂しいので一応お知らせいただけると、管理人がとても喜びます。

なお、psyche(プシュケー)とは、ギリシャ語で「魂」「心」と同時に「蝶」の意味があります。

カテゴリ

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

NewMark


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。