キーワード
  1. 無料アクセス解析
psyche-graphica下手な鉄砲

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

下手な鉄砲2011-08-23(Tue)


和名:ミヤマモンキチョウ♂
学名:Colias palaeno 英名: The Alpine Clouded Yellow
長野県東御市/2011.7.16
Olympus E-5//ZuikoDigital ED50-200mmF2.8-3.5

亜熱帯から亜寒帯まで広く分布する「普通種最強」モンキチョウと、浅間・四阿山から横手山にかけてと北アルプスの一部の極めて限られた亜高山帯にしか生息しないこのミヤマモンキチョウ。姿のよく似た近似種なのに、酷く懸け離れた生活史を持つ両種、明確にその違いを見るには翅表外縁部の黒い縁取りを見るのが手っ取り早い。縁取りが薄く、中に地色の斑点があればモンキ、縁取りが濃く斑点が無ければミヤマモンキというわけだが、残念なことに共に静止するときはぴったりと閉翅するというまことに残念な習性を持っている。
というわけで、「どうだ、これがミヤマモンキだぞ」と言う説得力ある写真を撮るには、必然的に飛翔時を狙って翅表が見える瞬間か、透過光で表の紋様が裏に透けて見えるのを狙うと言う苦行を強いられるわけである。巧い人ならどうと言うこともないのだろうが、私のようなヘボにとっては、手間の割には歩留まりの著しく悪い作業だったりする。幸いなことに、ここは個体数が多かったので、下手な鉄砲を撃ちまくって何とか上の写真のように撮れたが(勿論証拠写真レベルであることは重々承知)、もう一度やれと言われると正直困ってしまう。
スポンサーサイト

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:蝶の写真

Comments(0) | Trackback(0) | ミヤマモンキチョウ

善行の報酬 « home » もうひとつの「大発生」

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://psychegraphica.blog43.fc2.com/tb.php/388-b8c6078e

最近のエントリー

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

検索フォーム

プロフィール

越渓

Author:越渓
写真趣味の一部のはずが、いつのまにやら蝶撮りにハマった2児のパパ。
基本的にリンクフリーですが、寂しいので一応お知らせいただけると、管理人がとても喜びます。

なお、psyche(プシュケー)とは、ギリシャ語で「魂」「心」と同時に「蝶」の意味があります。

カテゴリ

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

NewMark


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。