キーワード
  1. 無料アクセス解析
psyche-graphicaアサマかヒメか

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

アサマかヒメか2011-09-29(Thu)


和名:アサマシジミ本州中部低山帯亜種(?)
学名:Lycaeides subsolanus yaginus 英名: The Asama Silver-studded Blue
群馬県吾妻郡長野原町/2011.07.18
Olympus E-5//ZuikoGigital ED50-200mmF2.8-3.5

ヒメシジミ亜科で時々眼にするのが、四翅を大の字のように思い切り突っ張るようにして開翅する姿。恐らく太陽光を効率良く浴びて体温を上昇させるためのものなのだろうが、アゲハやタテハで見られる、前翅を後翅と重ねるようにする、一種だらしない姿勢とは対照的な「ちっちゃいけれど頑張るぞ!」的な可愛らしさがある。
この個体も朝日に向かってそういう開翅をしていたのだが、問題はこの蝶が何かと言うこと。付近にはヒメシジミが群棲する草地があったので、撮った時にはヒメシジミの♂だとばかり思っていた。しかし、後になって画像を見ていると、翅表外側の黒い部分がヒメシジミにしては広く、またブルーの光沢も黒褐色の地色に乗ったような、アサマシジミ♂のような特徴を備えている。
アサマシジミは既に群馬を除く関東全都県から姿を消し、残る群馬県内でも生息が確認されたのが僅か6町村と言う、れっきとした絶滅危惧種である。撮影地がその6町村の一つであることを考えれば、アサマシジミである可能性も捨てきれない(尤も、ヒメシジミの個体変異もかなり顕著なので、アサマシジミであるとも断言し難い)。
惜しむらくは、この時ヒメシジミとばかり思い込んでいたせいで、明確な識別点を持つ翅裏を確認でになかったこと。一応ここではアサマシジミとさせていただくが、ご異論があれば是非ご指摘賜りたい。
スポンサーサイト

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:蝶の写真

Comments(2) | Trackback(0) | アサマシジミ

とどめを刺された « home » 白い縁取り

Comment

アサマ目撃のみ!

今年は、群馬・長野県境のアサマには早過ぎ、北アルプスのアサマは某所で目撃のみで結局未撮に終わりました。私は、まず大きさと、次に裏翅の斑紋の違いで判別しています。

2011-10-02 18:33 | URL | ヒメオオ [ 編集]

#ヒメオオさん
ヒメ・アサマ・ミヤマの識別は本当に気を使いますね。やはり翅裏を見ないことには・・・

2011-10-04 00:00 | URL | 越渓 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://psychegraphica.blog43.fc2.com/tb.php/410-217022ca

最近のエントリー

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

検索フォーム

プロフィール

越渓

Author:越渓
写真趣味の一部のはずが、いつのまにやら蝶撮りにハマった2児のパパ。
基本的にリンクフリーですが、寂しいので一応お知らせいただけると、管理人がとても喜びます。

なお、psyche(プシュケー)とは、ギリシャ語で「魂」「心」と同時に「蝶」の意味があります。

カテゴリ

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

NewMark


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。