キーワード
  1. 無料アクセス解析
psyche-graphica種の分岐点

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

種の分岐点2011-12-12(Mon)


和名:ウスキシロチョウ♂ 特記事項:ギンモン型
学名:Catopsilia pomona 英名:The Lemon Emigrant
東京都日野市程久保(多摩動物公園)/2011.11.27
Olympus E-5//ZuikoDigital ED50-200mmF2.8-3.5

以前のこの蝶の記事で、「ムモン♂、ムモン♀、ギンモン♀の3種類を目撃した」と書いたが、撮った画像を見ていてギンモンの♂と思われる個体の写真があったので、慌ててフォロー。
それにしてもこの蝶、ムモン型はキチョウ、ギンモン型はモンキチョウの特徴を備えていて実に不思議である。もしかすると、この蝶やキチョウ、モンキチョウの先祖はこの蝶に似た形質を持っていて、最初は同種の表現多型だったのが、やがて二つの種に分岐していったのではないか、などと妄想を逞しくしてしまう。つまり、ムモンに固定されたのがキチョウ、ギンモンに固定されたのがモンキ、そのまま表現多型に留まったのがこの蝶と言うわけだが、仮にそれが本当なら、この蝶は「種の分岐点」だと言うことになる。
シロチョウ系は、他種に比べるとインパクトに欠ける姿をしていることもあって、正直これまで余り興味を引かれなかったのだが、飼育個体とは言え、こんなに興味深い蝶に出会えたとなると、少々考え直さなければならない。そう言えば今年の私の蝶のシーズンは、春にヒメシロ、夏にミヤマシロと、「シロチョウ祭り」だった。その締めくくりに相応しい、良い出会いをしたと思っている。
スポンサーサイト

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:蝶の写真

Comments(2) | Trackback(0) | ウスキシロチョウ

これで揃った « home » 白け半分見とれ半分

Comment

南方のシロチョウ大きく立派!

南方のシロチョウ類は、タイワンキチョウ、キチョウを除くと大きく綺麗な種が多く楽しめますね!
特にこの種は色々な型があって面白いです。

2011-12-18 19:30 | URL | ヒメオオ [ 編集]

#ヒメオオさん
南のシロチョウ類、結構興味深いですよね。
ちなみに、この蝶を飼育できる環境なら、是非ナミエシロチョウにも挑戦して欲しいな、等と勝手なことを考えています。多摩動物公園ならきっと出来るはず(笑)

2011-12-21 00:23 | URL | 越渓 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://psychegraphica.blog43.fc2.com/tb.php/430-3f93734e

最近のエントリー

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

検索フォーム

プロフィール

越渓

Author:越渓
写真趣味の一部のはずが、いつのまにやら蝶撮りにハマった2児のパパ。
基本的にリンクフリーですが、寂しいので一応お知らせいただけると、管理人がとても喜びます。

なお、psyche(プシュケー)とは、ギリシャ語で「魂」「心」と同時に「蝶」の意味があります。

カテゴリ

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

NewMark


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。