キーワード
  1. 無料アクセス解析
psyche-graphicaお洒落さんの苦労

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

お洒落さんの苦労2008-11-16(Sun)


和名:シロオビアゲハ 特記事項:飼育個体
学名:Papilio polytes 英名:Common Mormon
東京都日野市程久保(多摩動物公園)/2008.4.22
Olympus E-3//ZuikoDigital ED50-200mmF2.8-3.5

「ファッションリーダー」と呼ばれる方々が居る。多くの人々が彼ら彼女らが享受している利得に少しでも与ろうと外見を模倣するわけで、見ようによっては、多くの生物が共有する「擬態」のメカニズムそのもののように見えなくもない。
アゲハチョウ業界に於ける「ファッションリーダー」の役割を果たしている種の一つに、以前の記事で紹介したベニモンアゲハが挙げられる。体内に蓄積された毒により、天敵に捕食されにくいと言うその利得は、多種の強い憧れの的のようで(もちろん比喩的表現である)、蝶のみならず、蛾の仲間にもそっくりに化ける種が数多く知られている。

その中で特に有名なのが、上の画像のシロオビアゲハ。全然似ていないじゃないかと思われるかもしれないが、確かにその通りで、♂と♀の一部は、画像の通りシックではあるがいささか地味なナリをしている。しかし、わが国(と言っても南西諸島に限られるが)ではこの蝶の♀には2タイプあり、上記の通常型(白帯型/I型とも呼ばれる)の他にベニモンアゲハに瓜二つのベニモン型(赤紋型/II型とも言う)と言うのが存在するのである。
面白いことにこのベニモン型は、ベニモンアゲハが生息しない地域では発生しないことが知られている。ところが、東南アジアからインドのように、ヘクトールベニモンアゲハと言う別のファッションリーダーが居る地域では、ヘクトールベニモンアゲハに擬態することが知られている(これをヘクトール型と言うらしい)。憧れると直ぐにその姿を真似るところから察するに、もしかすると、シロオビアゲハの♀は、非常にファッションに敏感なお洒落さんなのかも知れない。

ところが、お洒落だからと言ってモテモテかというと決してそうではないのが切ないところ。最近になって、他種のアゲハに擬態した♀と通常型の♀の両方が居る環境では、♂は通常型の♀を好むことが判明した。つまり、せっかくのお洒落が異性へのアピールに不利に働くのである。
それでもなお、このような擬態が見られると言うことは、たとえモテなくても天敵に食われない方が次世代を残すのに有利と言うことなのだろう。言い換えれば、それだけ環境による淘汰圧が強いと言うことでもあるわけで、お洒落さんにもそれなりの苦労と言うものがあるようだ。

※残念ながら、多摩動物公園にはベニモン型の♀は飼育されていない。いつか撮りたいものである。(2009.5.26追記:多摩動物公園ではベニモン型の♀が飼育されているのを、こともあろうに自分の撮った写真で発見してしまった(苦笑)。謹んで訂正させていただきます。)
スポンサーサイト

Comments(0) | Trackback(0) | シロオビアゲハ

意外な迷彩 « home » テイクオフ!

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://psychegraphica.blog43.fc2.com/tb.php/55-8f832c88

最近のエントリー

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

検索フォーム

プロフィール

越渓

Author:越渓
写真趣味の一部のはずが、いつのまにやら蝶撮りにハマった2児のパパ。
基本的にリンクフリーですが、寂しいので一応お知らせいただけると、管理人がとても喜びます。

なお、psyche(プシュケー)とは、ギリシャ語で「魂」「心」と同時に「蝶」の意味があります。

カテゴリ

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

NewMark


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。