キーワード
  1. 無料アクセス解析
psyche-graphica極楽への空輸便

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

極楽への空輸便2008-09-22(Mon)


和名:ヒメジャノメ
学名:Mycalesis gotama fulginia 英名:Chinese Bushbrown
東京都練馬区石神井台/2008.08.10
Olympus E-3//ZuikoDigital ED50-200mmF2.8-3.5 スローシンクロ

さる蝶の先達より、森の中で異様な数の蝶が舞っている場所には、不用意に近付かないほうが良いと言われたことがある。そこにはかなりの確率で動物の腐乱死体が転がっており、運が悪ければ、それが我々が普段最も良く接する機会の多い、特定の霊長類のものでないとは限らないからなんだそうである。
森の中で死んだ動物の体は、微生物や昆虫等によって分解される。昆虫の場合は蝿や蜂、シデムシ・シバンムシ・ハサミムシ等の「森の掃除屋」に混じって、蝶もこれのお手伝いをする。特にタテハやジャノメの仲間は、腐敗物で吸汁する性質を持つものが多く、その中でもこのヒメジャノメは南西諸島から北海道南部まで津々浦々に生息する普通種なので、「そう言う場所」には必ず顔を出すと思われる。

生きとし生けるものは、死んだら土に還ると言われるが、もしあなたが森や林の中で行き倒れ、暫らく誰にも発見されなくても、間違いなく身体の一部はこの蝶が極楽浄土に空輸してくれるはずである。気持ちが悪いと言うなかれ、この蝶の学名にある”gotama”とは、有難くもゴータマ・シッダールタ、つまりお釈迦様の本名であるからして、文句を口にしては罰があたる。
スポンサーサイト

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:蝶の写真

Comments(0) | Trackback(0) | ヒメジャノメ

うちにおいでよ « home » 帰ってきた世界標準

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://psychegraphica.blog43.fc2.com/tb.php/58-40b731f6

最近のエントリー

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

検索フォーム

プロフィール

越渓

Author:越渓
写真趣味の一部のはずが、いつのまにやら蝶撮りにハマった2児のパパ。
基本的にリンクフリーですが、寂しいので一応お知らせいただけると、管理人がとても喜びます。

なお、psyche(プシュケー)とは、ギリシャ語で「魂」「心」と同時に「蝶」の意味があります。

カテゴリ

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

NewMark


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。