キーワード
  1. 無料アクセス解析
psyche-graphica山の蝶の逞しさ

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

山の蝶の逞しさ2008-08-28(Thu)


和名:ヒメキマダラヒカゲ
学名:Harima callipteris 英名:Small Labyrinth
群馬県吾妻郡嬬恋村桟敷山/2008.8.19
Olympus E-3//ZuikoDigital ED50-200mmF2.8-3.5

今回の北軽井沢滞在では雨が多かったせいか、やたらとジャノメチョウの仲間の姿が目に付いた。アゲハやタテハ、シロチョウ系の蝶は雨が降るとすぐどこかに隠れてしまうのに対し(シロチョウ系の一部には曇っただけで姿を隠すものもある)、ジャノメの場合は元から薄暗いところを好む習性があるのと、山地性の種の場合天候の急変にいちいち反応していたら「商売にならない」と言うことがあるのか、あまり天候に左右されずに姿を現してくれる。

このヒメキマダラヒカゲも、林道の脇に車を止めて雨宿りを兼ねた昼食をしていた時に、数m先で吸蜜しているのを車窓から見つけたもの。結構本格的な降り方にも関わらず、そんな事は一切気に掛からないかのように花から花へと渡り歩いていた。車外に出てしばらく撮影していたら、不意に舞い上がって、濡れるのも構わず開翅してクマザサに止まった。翅が濡れて大丈夫だろうかと心配したが、流石は山の蝶の逞しさということなのだろう。
スポンサーサイト

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:蝶の写真

Comments(0) | Trackback(0) | ヒメキマダラヒカゲ

豊かさなりの苦労 « home » 飛び切りの美人

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://psychegraphica.blog43.fc2.com/tb.php/67-ec92682e

最近のエントリー

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

検索フォーム

プロフィール

越渓

Author:越渓
写真趣味の一部のはずが、いつのまにやら蝶撮りにハマった2児のパパ。
基本的にリンクフリーですが、寂しいので一応お知らせいただけると、管理人がとても喜びます。

なお、psyche(プシュケー)とは、ギリシャ語で「魂」「心」と同時に「蝶」の意味があります。

カテゴリ

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

NewMark


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。