キーワード
  1. 無料アクセス解析
psyche-graphica擁壁の効用

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

擁壁の効用2008-09-07(Sun)


和名:エルタテハ
学名:Nymphalis vaualbum samurai 英名:Large Comma
群馬県吾妻郡嬬恋村田代/2008.8.19
Olympus E-3//ZuikoDigital ED50-200mmF2.8-3.5

コンクリートの擁壁と聞くと、近頃の都会の人間はついつい無粋な環境破壊の一つと考えてしまうのだが、実際に山間部に滞在して車で移動しているとその有難さがとても良く解る。今年の浅間高原は雨が多かったので、細い道ともなるとあちこちが崩れて路上に石が落ちているのを良く目撃した。やはり大自然の猛威に曝される場所では、それなりの手間とコストを掛けて手入れをする必要がある。この辺については、実際に住んで見なければ解らない点だろうと思う。

もう一つ擁壁を擁護するならば、非常に蝶を発見しやすい場所を提供してくれると言う点がある。特にテリトリーの主張の激しいタテハチョウ科の仲間は、眺めが良く、敢えて自分が目立つ場所から周囲を監視する習性があるので、山間部の道路脇の擁壁に止まっていることがよくある。上記のエルタテハも、休工中の舗装拡幅工事現場の擁壁に止まっていたものであり、この擁壁が無ければ接近することも叶わなかった。
過度に道路が整備されるのは蝶好きにとっても決して好ましいことではないのだが、年に1回しか羽化せず、本州では1,000m以上の標高のある山地に行かないとなかなかお目にかかることができないエルタテハを簡単に発見できたのは、まさに道路整備のお陰とも言える。
蝶を観察していると、様々なジレンマに悩むことが多い。今回もまた一つそんなジレンマが増えてしまったようが気がする。
スポンサーサイト

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:蝶の写真

Comments(0) | Trackback(0) | エルタテハ

見込みが甘かった « home » 山のおじさん

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://psychegraphica.blog43.fc2.com/tb.php/69-44c0bd46

最近のエントリー

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

検索フォーム

プロフィール

越渓

Author:越渓
写真趣味の一部のはずが、いつのまにやら蝶撮りにハマった2児のパパ。
基本的にリンクフリーですが、寂しいので一応お知らせいただけると、管理人がとても喜びます。

なお、psyche(プシュケー)とは、ギリシャ語で「魂」「心」と同時に「蝶」の意味があります。

カテゴリ

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

NewMark


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。