キーワード
  1. 無料アクセス解析
psyche-graphica蝶とのスキンシップ

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

蝶とのスキンシップ2008-09-15(Mon)


和名:ベニヒカゲ
学名:Erebia niphonica 英名:Japanese Argus
長野県東御市池ノ平/2008.8.20
Olympus E-3//ZuikoDigital ED50-200mmF2.8-3.5

浅間山の火口から6kmほど西の標高2,000mに位置する池ノ平湿原。2万3千年の昔の大爆発で形成されたカルデラに長い年月をかけて堆積物が溜まり、高い山の上とは思えぬ平坦な地形が広がっている。
本当ならば7月にここを訪れて、希少なミヤマモンキチョウやミヤマシロチョウを撮影する予定だったのだが、長男の入院などの事件が重なって、1ヶ月遅れの訪問になってしまった。
もちろん8月ともなるとミヤマモンキやミヤマシロに遭える筈も無い。しかし、その代わり、恐らく湿原全体では数万のオーダーに上ると思われるベニヒカゲが、あちこちにひらひらと舞いながら出迎えてくれる。

この蝶、群馬長野両県の天然記念物に指定され、捕獲が禁止されているせいか、非常に人懐っこく、立ち止まって風景を見ていると靴やズボンの裾、帽子等にたかってくる。人の汗の成分からミネラルを補給するためと思われるのだが、蝶と直接スキンシップを図る機会などそうあるものではないので、蝶好きにとってはちょっと嬉しい経験である。
スポンサーサイト

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:蝶の写真

Comments(0) | Trackback(0) | ベニヒカゲ

切ない別れ « home » 思わぬ余得

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://psychegraphica.blog43.fc2.com/tb.php/70-c2cf4d15

最近のエントリー

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

検索フォーム

プロフィール

越渓

Author:越渓
写真趣味の一部のはずが、いつのまにやら蝶撮りにハマった2児のパパ。
基本的にリンクフリーですが、寂しいので一応お知らせいただけると、管理人がとても喜びます。

なお、psyche(プシュケー)とは、ギリシャ語で「魂」「心」と同時に「蝶」の意味があります。

カテゴリ

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

NewMark


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。